「はたらく」ということば

by zen posted at 2006-03-16 08:51 AM last modified 2006-03-16 08:51 AM

昨日知人からこんなことを聞きました。

「働くということばの語源は、『はた』を『らく』にすることなんですよ。」

『はた』とは、自分のはた、自分のそば、まわりにいる人たちのことです。

働くって素敵な言葉なんですね。

恥ずかしながら、まったく知りませんでした。

言葉の成り立ちが、私たち日本人の古来の仕事観をあらわしていると思います。

すなわち、働くことの本質とは、まわりの人が楽になるように活動することである、ということです。

今は、あたかも夢はすべてお金に換算できるかのような風潮があり、ともすれば何のために働くのか、見失ってしまいがちな時代だと思います。

そんな今だからこそ、この言葉の原点に立ち返ることが必要なのではないかと思います。

Category(s)
さまざま
The URL to Trackback this entry is:
http://ciel-serein.jp/blog/nikki060315/tbping
Add comment

You can add a comment by filling out the form below. Plain text formatting.

(Required)
(Required)
(Required)
(Required)

About this blog
2011年11月より新しいブログに移行しました。http://blog.zenich.com メニューバーの「ブログ」をクリックしてください。 こちらのブログでは デザイナー・クリエイターによる震災復興支援活動を記録し応援するdesign311での活動、地元調布市のNPO法人ちょうふどっとこむ関連、オープンソースエンタープライズCMS "Plone" ユーザー会での活動記録などを掲載しています。
RSS