Plone研究会アクセシビリティ分科会について

by CielSerein last modified 2006-03-05 12:25 AM

Plone研究会アクセシビリティ分科会についての概要です。

 

アクセシビリティ分科会について

Document Actions

Plone研究会 アクセシビリティ分科会

目標:
JIS-X 8341-3 に準拠したアクセシブルなサイトを効率よく開発するための手段として、CMSの利用は効果的であると思われる。
特にPloneはSkinのシステムにより、アクセシブルなサイトの開発に必須となるサイト全体にわたる統一されたテンプレートの適用が容易(なはず)である。
この利点を生かしてPloneを使ってアクセシブルなサイトを構築するための標準的な手法を確立することを目指す。

成果物:
・Plone によるアクセシブルサイト構築のためのガイドライン
・アクセシブル Plone 標準スキン 日本版

やること:
第1段階 対象の理解
・アクセシビリティって何?
・JIS-X 8341-3って何なの?
→識者の話を聞く

第2段階 作業範囲の定義
・何をどうすれば、アクセシブルなサイトになったと言えるのか?
→識者の意見を参考に、一般的にここまでやればひとまずOK、という範囲を決める。
・Ploneではどうすれば実現できるの?
→デフォルトスキンのページテンプレートとCSSでアクセシビリティ確保のために重要な部分を調査検証し、変更作業の必要性、変更内容を明らかにする。

第3段階 ガイドラインの作成とスキンの開発
・サンプルサイトをカスタマイズしながら、アクセシブルスキンの開発を実施する。
※作業内容としては、テンプレートの変更、CSSの変更、アクセシブルコンテンツ作成のためのArchitypesによるcontent typeの開発などが考えられる。
※基本的には、デフォルトスキンにあまり手を加えない方向で考える。

・同時に作成手順をガイドラインとしてドキュメンテーションする。